昨晩NHKで日曜博物館というクラシックMusic館のプログラムを観ました

昨晩NHKで日曜博物館ってクラシックBGM館のチャンネルを観ました。日曜博物館は狩野派についての認知でした。狩野派の屏風挿し絵はとても繊細でかつダイナミックなところが見ていて飽きないと思いました。展覧会で実際の挿し絵を見てみたいと思いました。何より屏風挿し絵などの大きな挿し絵はすさまじさあります。木の枝の形容が凄まじく一際眺めていたい挿し絵だと思いました。取り敢えず歴代呼び名を受け継いできた画家の挿し絵は心強いだ。クラシックBGM館では、バイオリニストの庄司さんが出ていました。庄司さんのバイオリンは軽快でのびやかなところがさすがだな、と思いました。超絶技巧のような曲調も楽にやってのけて仕舞うところが主人のすごさだと思いました。上、相当集中力がありBGMが心から好きなんだな、というのが伝わってきました。そのあとにプレーされた交響曲も聞きごたえありました。N響は雑音がどうしても小奇麗だ。リーダーが変わったのでどうなるかと思いましたが、前よりいきいきやる気持ちがしました。ハニーココの効果と口コミです