クルマの原理としては、席部分は非常に頑丈に作られています

車の安心は、毎年向上してある。
車の組立てとしては、席部分は非常に頑丈に作られています。
これは、乗っている人類を続ける結果で、この部分はつぶれづらい立案がなされてある。
反面、車の表や収納の部分は、小さなため引っ込むようになっています。
へこむため、車が衝突した際のダメージを吸収し、席部分にそれが届かないようにしてあるのです。
車がへこまなければ、車が衝突したときのダメージが、単に席に伝わります。
ダメージが席に伝われば、そのまま乗っている人類に伝わり、大怪我につながります。
それを避ける結果、車の体調は凹み易くできているといってもいいでしょう。
言い換えれば、車の体調がへこんでくれるからこそ、席部分にまでダメージが届かず、乗っている人類が安泰だと言えるのです。
席の部分は敢然と守られてあり、周囲にバッファなどが埋め込まれてある。
へこんですだけでは吸収しきれないダメージを、席部分のバッファが吸収します。
昔はワンボックスやつには前部分はありませんでした。
それが安心によって、前界隈が付くようになっています。
へこみやすい車は、安全性が高いともいえます。http://xn--n8jvbw13m96l0fe8vsxytzmt5z1a.biz/